資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

プランを具体化してみる

前項で目標に対して収入と支出の推移について把握することを述べましたが、表を作って記入するところまでイメージが整理されてない人も多いと思います。そこで、御自身の情報を個別に整理していきましょう。具体的には下記のような項目です。

(1) 家族構成:氏名、続柄、生年月日、年齢、職業など
(2) 収入の状況:種類、税引き前の金額、今後の見通しなど
(3) 加入している年金制度(あるいは個人年金商品):公的年金への加入状況、企業年金、個人年金の状況など
(4) 退職:退職の時期と退職金など
(5) 退職後の収入の予定・希望:再就職の予定や希望など
(6) 金融資産の明細:種類、預入年月日、預入金額など
(7) 不動産の明細:物権、時価、購入価格、購入時期、所在地、利用状況など
(8) その他の資産の明細:ゴルフ会員権、貴金属、絵画など
(9) 毎年の貯蓄額(積み立て):種類、金額など
(10) 負債の状況:ローンの種類、金融機関、借り主、借入金額、ローン残高、金利、返済期間、返済額など
(11) 子供の教育:進路予定(公立か私立かなど)、教育資金予定額など
(12) 子供の結婚資金・住宅取得資金:援助の有無、予定金額など
(13) 住宅に関する情報:現在の状況、購入・買い替え・増改築の予定や予算など
(14) 保障の状況:加入している保険の種類、保険会社名、契約者、被保険者、死亡保険金受取人、満期保険金受取人、保険金額、特約の内容、既払込保険料、払込方法、保険期間、払込期間など
(15) 生活費や支出の状況:現在の生活費(住居費、一般生活費、余暇費など)、子供が独立した後の生活費、退職後の生活費、いま御本人(配偶者)が死亡した場合の生活費、大きな支出予定など
(16) 贈与の予定:贈与をする、あるいはされる予定の有無、時期、資産の形態、金額など
(17) 相続の可能性:相続人、推定時期、資産の形態、金額など
(18) 投資に対するスタンスとこれまでの経験
(19) 生活設計上の希望事項、プラン作成にあたっての希望など

たくさん項目があってため息が出そうになりますね。もちろん、該当しない項目もあるでしょうし、金額的なものは明細や契約書などを確認するだけですから、思ったほど大変な作業では無いと思います。これらのデータを表に記入していき、御自身の希望を加味してプランを具体化します。以前に私がお付き合いしたある御家族のプランの例を以下に紹介します。

1)住宅ローン
定年後まで支払いが続くようになっている。借り換えなども含めて、現役中に返済できるようにしたい。

2)子供たちへ
子供たち(大学生と高校生)への結婚および住宅取得の資金援助は是非やりたい。今からどのような手を打てるだろうか。

3)保険
万一のことがあった場合でも家族が困らないようにしたいが、保険料負担は小さくしたい。現在の保険について見直すべきかどうか。

4)金融資産の運用
大口定期に資金のほとんどを預けているが、もっと具体的な運用プランに基づいて効率よく運用したい。貯蓄性商品も含めたポートフォリオについてアドバイスが欲しい。

5)土地の有効利用
自宅の一部(280㎡)が空き地のままだが、何か良い利用方法はないか。

6)相続問題
円満な相続を行うためには対策が必要だと思う。どのぐらいの相続税がかかるのか、また、遺言はどのようにすれば良いのだろうか。

どうです、意外とシンプルな内容でしょう!? この御家族はたまたま旅行とかの娯楽関連の御希望はほとんどなかったのですが、いずれにしろさきほどの19項目の情報整理から始めて、目標の整理も進めていくのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.