資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

株の仕組みと株式会社

株式会社とはそもそもなんなのかを、起業する立場からとらえることで株投資準備の為の基礎知識をご紹介いたしましょう。

あるアイディアをもとに会社を設立して事業を行うのであれば、すぐに何百万円・何千万円という規模の金額の資金が必要になってきます。銀行から借りるという手段もありますが、株式を発行してそれを投資家に買ってもらうことで資金を集めるということができます。株式投資をするということは、その会社の今後のビジネスが発展していくであろうことを期待して、その会社に出資するということになるんですね。

株を買うと株主という立場になります。お金を出した見返りは、その企業が期待通りに商売が上手くいって利益を挙げてくれることですね。利益が増えれば社員の給料・ボーナスも増やしてあげることができますが、出資してくれている株主にも利益のお裾分けとして配当を出せるようになります。

その企業の経営状態が良くなればなるほど、配当の金額も多くなります。他の投資家から見ればうらやましい状況ですから、「その株を私も欲しい」という声が挙がるようになって、株そのものの価値も上昇して売買されるようになります。その売買取引をきちんとしたルールで行えるように整備したのが証券取引所です。

会社がいつも順調に行っているとは限りません。景気が悪くて利益が出せなくなると、配当も支払うことができません。そういう状態が何度も続いていると、いくらその会社を興した社長であっても株主から「このままこの社長に任せておくわけにはいかない。他の人に代わってもらおう」という話が出るかも知れません。この話し合いをするのが株主総会です。

また、会社の業績が下がってきたら、投資家が買った時より株の価値が下がってくる場合も出てきます。投資家はその可能性はわかった上で買っているのですが、これが明日にでも倒産しそうな状態にある会社だったりしたら、誰も投資しようとは思わないはずですし、悪い情報を隠して無理矢理に買わせるような事態があってはいけません。

証券取引所で売買される銘柄は、そのようなルール違反が無いよう厳しい条件をチェックされています。そのたくさんの条件をクリアした企業だけが証券取引所で売買されるようになります。これを上場企業と言います。

企業経営者にとっては、自社の株が上場されるようになることは、それだけ立派な会社だと認められたという側面があるし、上場されることでより広い層の投資家から資金を集めることが可能になるので、上場を目指す場合が多いんですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.