資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インカムゲイン

インカムゲインとは、株式や債券などの資産を保有することで得られる利子や配当による現金収入のことです。

ちなみに、インカムゲインはincome(収入) とgain(利得)を合わせた和製英語となります。

インカムゲインに対して、資産が値上がりしそれを売却することにより得た利益をキャピタルゲイン(譲渡益)といいます。

資産運用や投資に対するリターン(成果)は、インカムゲインとキャピタルゲインで構成され、このふたつを合わせてトータルリターンと呼びます。ちなみに、キャピタルゲインはマイナスの場合にはキャピタルロスと呼ばれます。

インカムゲインの具体的な例としては、株式投資の配当金、預貯金の受取利子、投資信託の収益分配金、不動産の賃料収入などが挙げられます。いずれもその資産を保有し続ける限り、安定的且つ継続的な収入が見込めるという特徴があります。

インカムゲインはキャピタルゲインと比べて収益は小さくなりますが、資産を手放さずに継続的に収益が得られるという安心感があります。

しかしながら、インカムゲインによる収益は小さいため、いざ資産を手放す際に元本の価値が下落していれば結果的にキャピタルロスとなる可能性もあります。そのため、一般的には投資のリターンについてはどちらかに偏らず、インカムゲインとキャピタルゲインの両面から考えることがよいとされます。

投資元本に対する収益の割合、つまり1年間のインカムゲインの割合をパーセンテージで表したものが利回りとなります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.