資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

キャッシュフロー

キャッシュフローとは、現金の流れを意味し、企業活動で実際に得られた収入から支出を差し引いた結果、資金がどれだけ増減したのかを示す財務指標です。

日本語では「資金収支」「現金収支」などと訳されます。

また、キャッシュフロー会計といった場合には、企業の経営成績を現金や預金の増減を元に明らかにする会計手法となります。1999年度以降、日本でも上場企業では財務諸表のひとつとして、キャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。

キャッシュフロー計算書では、経営活動を、営業活動・投資活動・財務活動の3つに分類することで、資金増減の原因や資金の動きを明らかにします。

営業キャッシュフローは営業活動で得た収入から費用を差し引いたもので、個人の給料に相当します。

投資キャッシュフローは設備投資や有価証券投資、資産売却など企業の投資活動のキャッシュフローを示します。

さらに、財務キャッシュフローでは借入の実行や返済、社債の発行や増資などによる収支が表されています。

また、キャッシュフローは一般には企業の経営状態を分析する手法ですが、これを個人の家庭の収支や支出に対して用いることで、個人のライフデザインに沿った金銭的な生涯計画に応用するケースもあります。

生涯必要となるお金の計画をキャッシュフロー表として作成し、それに基づいて資産を残す・貯める・増やすという資産運用を行ってゆくという考え方です。

近年の公的年金や企業の退職金制度に対する不安もあり、資産運用による個人年金プランなどにも関心が寄せられる傾向にあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.