資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、私募により投資家から預かった資金を運用し、空売りやデリバティブ(金融派生商品)取引などを駆使したり、レバレッジ効果を用いるなど、相場の上下変動に関わらず高い運用利回りを追求するハイリスク・ハイリターン型の投資信託のことです。

世界中の株式、債券、外国通貨、商品先物などあらゆる金融商品を対象に投資され、一般に巨額資金を投機的に運用することでも知られています。(但し、投機的な取引を行わないヘッジファンドもあります)

一般の投資信託が公募によって小口の資金を広く集めることにより大規模なファンドを形成するのに対し、ヘッジファンドは私募により機関投資家や個人資産家などから大規模な資金を集め運用します。公募型投資信託に比べ規制が少なく、自由度が高いことも特徴のひとつです。

ヘッジファンドは、アメリカで生まれた投資信託の一種で、1949年にアメリカ人投資家、アルフレッド・ジョーンズがリスク回避型投資手法を開発したことが起源とされています。

ヘッジファンドは、ファンドごとに様々な投資戦略を持っています。

その投資手法には、割安な銘柄について買い(ロング)のポジションを、逆に割高な銘柄には売り(ショート)のポジションを同時に行うロング・ショートや、相場の影響を極力避けて市場中立型の安定運用を狙うマーケット・ニュートラル、世界のマクロ経済動向見通しをベースに多種多様な運用を行うグローバル・マクロ、その他アービトラージ、マーケット・タイミング、レラティブ・バリュー、イベント・ドリブンなどがあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.