資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

金投資(きんとうし)

金投資とは、貴金属であり毎日取引価格が変動する金を売買することで利益を得る投資方法です。

金は株式や債券などと異なり、金自体に不変的な資産価値があります。そのため、どのような景気変動があっても価値が“紙くず同然”となってしまうことがないという強味があります。世界中で換金出来るという点でも魅力です。そのため、経済が不調な時には金などの実物資産の価値が上がりやすいという傾向があります。

金は信頼性の高い投資対象と言えますが、常に価格が変動するというリスクは伴います。また、国際取引がドル建てで行われるため為替レートの影響も受けることや、取引によって口座管理料や手数料などのコストが発生することなども考慮した上での投資が必要です。

金を投資対象として見た場合、具体的には純金積立・金地金・金先物取引・金ETF・金鉱株などの投資方法があります。

純金積立ては、月々積み立てたお金で純金を購入する投資方法です。少額で始めることが出来、リスクも低いため始めやすい金投資とされます。

金地金は、金地金を売買する現物取引です。金自体を保有したい人向けともいえます。

さらに、金先物取引は、レバレッジ効果を利用することが出来るため、少ない資金でより大きな取引が可能ですが、その分リスクも高まることになります。

金ETFは、金価格連動型上場投資信託とも呼ばれる投資信託の一種です。また、金鉱株とは株式投資ですが、主に金の採掘・精錬を行う企業の株式となります。金投資の方法としては最もハイリスク・ハイリターンなものに分類されます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.