資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

公社債投資信託(こうしゃさいとうししんたく)

公社債投資信託とは、投資信託のうち、投資対象に株式を一切組み入れず、国債や社債を中心に運用するというものです。

その収益は分配金として投資者に分配されます。投資信託の多くは、この公社債投資信託になります。

公社債投資信託は、狭義には長期公社債投資信託を指しますが、それ以外にマネー・マネージメント・ファンド(MMF)、マネー・リザーブ・ファンド(MRF)、中期国債ファンド(中国F)、短期公社債投信などを総称して公社債投資信託と呼ぶ場合もあります。

国や会社が資金を調達する際に、金銭を貸してくれた人に債権を発行します。国が発行するものが国債、会社が発行するものが社債、これらを総称したものが公社債となります。

公社債はその発行元が破綻しない限り、満期になれば元本が戻ってくる性質の証券ですから、公社債投資信託は株式投資信託に比べて、大きく儲かることもないかわりに安全性が高いという特徴があります。

但し、安全性が高いといっても元本保証がされるわけではありませんし、満期前に売却した場合、その時点の市場価格によっては損失となる場合もあります。

長期公社債投資信託は1年から5年くらい保有するもので、1万円から始めることが出来ます。それに対し、MMFや中期国債ファンドは1円から購入出来、1ヶ月以上保有すれば手数料もペナルティも無く、いつでも解約できる短期投資信託です。

比較的ローリスク・ローリターンな公社債投資信託は、初心者でも始めやすい金融商品といえます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.