資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

不動産投資信託(ふどうさんとうししんたく)

不動産投資信託とは、投資家から預かった資金を資金運用の専門家が不動産に投資することで運用し、その賃貸収益や売却益などの運用成果を配当金として、投資家に分配するという仕組みの金融商品です。

不動産投資信託は、1960年代のアメリカで誕生し、REIT (Real Estate Investment Trust、リート)と呼ばれています。そのため、日本でも不動産投資信託を「J-REIT」、または単に「REIT」と呼ぶこともあります。

日本における不動産投資信託は、2001年に2銘柄からスタートしました。これは、2000年の「投資信託法」改正により、投資信託が不動産を運用対象とすることが認められたことによります。

開始当初はオフィスビルが主体でしたが、次第に商業施設や店舗・住宅等へと運用対象も多様化しています。

不動産投資信託の形態には「会社型」と「契約型」の2種類があります。投資法人を作り投資口を発行することで投資家から資金を集めるものが「会社型」、信託銀行の信託勘定を利用したものが「契約型」と呼ばれています。日本では「会社型」の不動産投資信託が主流です。

本来、不動産は投資対象としては流動性に乏しく、さらに取引価格が大きくなるため個人投資家には分散投資が難しいなどの欠点がありましたが、投資信託という仕組みを用いることで、証券取引所(金融商品取引所)に上場され、一般の株式と同様に売買が可能となり、個人投資家にもより身近なものとなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.