資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

機関投資家(きかんとうしか)

機関投資家とは、株式や債券などで資金を運用する法人・団体のことをいいます。

これに対し、個人で投資を行う場合には個人投資家と呼ばれます。個人投資家に比べ、資金量はもちろんのこと、情報量や手法などの点でも機関投資家は規模が大きくなります。

機関投資家とは、生命保険会社や銀行など、顧客から集めた多額の資金を元に大量の株式売買を行う大口投資家を指します。

加えて、外資系企業や、海外の投資信託を運用する外国の大口投資家、さらには外国の個人投資家についても含めて機関投資家と称される場合もあります。

一般に機関投資家と呼ばれるものには、生命保険会社、損害保険会社、投資信託会社、証券会社、普通銀行、信託銀行、投資銀行、ヘッジファンド、バイアウト・ファンド、投資顧問会社、年金基金などがあります。

機関投資家は、様々な金融商品を介して顧客から集めた資金を、業務として運用・管理することから、動かす金額も大きくなります。そのため市場に与える影響も大きいとされています。

さらに、情報分析を駆使してリスクを計算しながら、基本的には長期的な観点から投資を行い、より安定した運用を目指す傾向があります。機関投資家と個人投資家の注目する銘柄がしばしば一致しないのはこのためです。

また、機関投資家のうち、金融商品取引法第2条に規定する内閣府令で定められている投資家については、適格機関投資家と呼ばれ、一般投資家に比べて金融商品取引法上の規制の適用が緩やかになっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.