資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ペイオフ

ペイオフとは、金融機関が破綻した場合に、預金者に対して一定額の払い戻しを保証する制度のことをいいます。

ちなみに現制度では、1,000万円までがペイオフの範囲となっています。

ペイオフでは、1つの金融機関につき預金者1人当たり元本1,000万円(及びその利息分)までが保護されることになります。これは預金者の名寄せと呼ばれるもので、例えば1つの銀行の複数の支店にそれぞれ口座を持っていた場合でも、同一預金者であれば、預金額を合計して1,000万円までが保護の対象となります。

このようなペイオフ制度は、1970年代に創設されたものですが、1996年に一旦凍結されています。これは、1990年代初頭に起こった信用組合の破綻に際し、預金者に動揺が広がることで金融システムの危機にまで繋がりかねないという政府の判断により、緊急避難的に実施されたものです。

これにより、2001年3月末までの間、特例措置として預金は全額保護されることとなり、その後、さらに2002年3月末までペイオフ凍結は延長されています。

2002年4月1日以降、ペイオフ解禁となりました。ペイオフ解禁とはつまり、預金が全額保護される特別措置が終了し、定額保護に移行する事を意味します。

但し、ペイオフ解禁とは預金の1,000万円を越える部分とその利息については、一切戻って来ないということではなく、破綻した金融機関の財産がどの程度残っているかによって、その払い戻し額も異なってきます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.