資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コンプライアンス

コンプライアンスとは、企業が経営を行う上で、企業活動を取り巻く法律・規則を遵守し、これに違反しないという概念のことです。

また、法令に限らず、社会的規範や企業倫理にまで範囲を広げて捉える考え方も、近年広まりつつあります。

コンプライアンスは、日本では「法令遵守」と訳されることが多く、相次ぐ企業不祥事の発生を背景に、企業経営においてその重要性や関心度は高まっています。

コンプライアンスは、CSR(企業の社会的責任)と並び、近年重視されている考え方です。 CSRとは、適正な雇用や労働条件、消費者への適切な対応、環境問題への配慮、地域社会への貢献などの企業の社会的責任のことを指します。

企業不祥事は、売上の減少や損害賠償などによる損失だけでなく、信用失墜、ブランド・イメージ低下、社会的制裁など、企業に多大な痛手をもたらします。

そのため、企業ではコンプライアンスを重視し、自主ルールを定めたり、研修などによる周知徹底に努めています。

また、商品の欠陥隠しやトラブル隠蔽、食に関する偽装、消費者に不利になる情報の告知不充分など、様々な企業による不正やトラブルの発生から、2006年以降はコンプライアンスの徹底を促す法整備も進んでいます。

ちなみに、一般市民が法律を遵守することや、処方された薬を指示どおりに服用すること(服薬コンプライアンス)などと区別するために、企業活動を指す場合には、「ビジネスコンプライアンス」という言い方をする場合もあります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.