資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

証券取引等監視委員会(しょうけんとりひきとうかんしいいんかい)

証券取引等監視委員会とは、証券取引や金融先物取引等の公正を確保するために不正を監視する機関のことです。

英文名称であるSecurities and Exchange Surveillance Commissionを略して、SESCと呼ばれることもあります。

1991年(平成3年)に起きた一連の証券・金融不祥事を契機に、翌年1992年に監督行政部門から独立したルール遵守の監視役として、当時の大蔵省に証券取引等監視委員会が設置されました。その後、現在は金融庁の外局となっています。

証券取引等監視委員会は、事務局として総務課、市場分析審査課、証券検査課、課徴金・開示検査課、特別調査課の5つの課を持ち、その他に地方組織の財務局等に検査担当職員を配置しています。

弁護士、公認会計士、不動産鑑定士など金融商品業務等に関する専門的知識や経験を有する民間専門家を採用することにより、調査及び検査体制の強化が図られています。

これにより、証券取引等監視委員会は、日常的な市場監視、証券会社等に対する検査、犯則事件の調査などを実施し、法令違反が認められた場合には、金融庁長官等に対し行政処分等を求める勧告や、検察庁に対して刑事訴追を求める告発を行います。

また、証券取引等監視委員会では、ホームページ上や講演等を通じて、市場参加者や個人投資家等への委員会の活動の紹介、不正行為や投資詐欺的な資金集めなどの情報提供の呼びかけを実施。各種刊行物等への執筆も行っています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.