資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

インサイダー取引(インサイダーとりひき)

インサイダー取引とは、会社の内部の者だけが知り得る重要な情報に基づき、その情報の公表前に当該会社の株式等を売買することをいいます。

インサイダー取引は、内部者取引とも呼ばれ、一般の投資家との不公平が生じることから、証券市場の公正性・健全性を損なう不公正取引として金融商品取引法において規制されています。

これに違反した場合は、個人については、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、法人については、5億円以下の罰金に処されることとなります。

インサイダー取引における「内部者」とは、会社の取締役、従業員に限らず、アルバイトや派遣社員を含む「その業務を通じて未公開の重要事実を知った者」がこれに該当します。

また、会社関係者でなくなった後も1年間はインサイダー取引規制の対象となります。内部者からその情報を受け取った人(第1次情報受領者)についても対象内です。

重要な情報(重要事実)とは、新株発行、災害などによる損害発生、企業の合併や事業の譲渡、主要株主の異動、新製品や新技術の情報など、当該会社の株価の騰落を左右するような、投資家の投資判断に影響を及ぼす情報がこれに該当します。

このような重要事実は、一般紙、通信社、放送局など2つ以上のマスコミに対して情報を公開後12時間以上経過した時点で「公表」されたと認められます。

尚、従業員持株会制度を実施している会社の場合、これについてはインサイダー取引規制の適用除外となっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.