資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

スワップ取引(スワップとりひき)

スワップ取引とは、当事者間の合意に基づいて、異なる特定の対象物(金利、通貨等)を予め契約した条件で一定期間交換する取引のことをいいます。

言い換えれば、将来のキャッシュフロー(現金収支)を交換する取引です。

スワップ取引は、相場変動によるリスクを回避するために開発されたデリバティブ(金融派生商品)の一つです。

スワップ取引には交換する対象物によって幾つかの種類がありますが、その中でも代表的なものに「通貨スワップ取引」と「金利スワップ取引」があります。

「通貨スワップ取引」は、異なる通貨間で将来の金利を交換する取引です。この取引では、金利部分だけでなく元本の交換も行われます。ちなみに、元本の交換を伴わない通貨スワップについてはクーポン・スワップと呼ばれます。

これに対し、「金利スワップ取引」では、同じ通貨で異なるタイプの利息の交換が行われます。例えば、固定金利と変動金利を交換する取引が代表的なものになります。この取引では、通常、元本の交換をせず、金利計算のために元本を名目上決めています。これは想定元本と呼ばれるものです。

スワップ取引は、現物取引と比べてコストが小さく、事務手続が単純に済むというメリットがあります。

つまり、レバレッジを効かせることで少ない資金で想定元本相当の取引が可能となる仕組みになっています。また、将来の時点でお金を交換する予約の取引であり、 企業の資産や債務の一覧表である貸借対照表には計上されないオフバランス取引です。

尚、スワップ取引は変動金利の相場が将来どう変わるかで損益が変動するリスクがあるため、投機性のある取引と捉えることも出来ます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.