資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

信用取引(しんようとりひき)

信用取引とは、顧客が証券会社に委託保証金を担保として預けることにより、株式や株式購入の資金を証券会社から借り入れて、株式の売り買いをする取引方法のことをいいます。

金融商品取引法においては、「証券会社が顧客に信用を供与して行う有価証券の売買」と規定されています。

信用取引きでは、株式購入資金を借りて株式を買う(買い建て)ことも、株券を借りて売りから始める(買い建て)ことも可能です。

尚、このような信用取引に対し、購入代金も売却する株式も全て顧客が保有している取引を「現物取引」と呼んでいます。

信用取り引きにおいては、顧客が証券会社に対して約定金額の一定比率の委託保証金を預けて証券会社から買付資金又は売付証券を借り、これによって売買取引を行います。その後、所定の期限内に反対売買又は現引き・現渡しの方法により弁済することで取引が完了します。

信用取引は、少ない資金で多額の取引が出来ることや、株価の下落局面でも利益を挙げることが可能であるという特徴を持ちますが、相応のリスクもあります。

信用取引には、「制度信用取引」と「一般信用取引」があり、顧客は信用取引による売買を委託する際にどちらかを選択します。

「制度信用取引」とは、証券取引所の規則によって、金利、品貸料及び返済期限等が一律に決定されている信用取引です。

「一般信用取引」では、これらを顧客と証券会社との間の合意に基づき、自由に決定することが可能です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.