資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

劣後株式(れつごかぶしき)

劣後株式とは、利益の配当や残余財産の分配において、普通株式よりも分配の順位が後になる株式のことをいいます。後配株式という呼び方をされる場合もあります。

これに対し、普通株式よりも優先的に配当等が分配されるものを優先株式といいます。

また、利益の配当は優先的に受けられるが残余財産の分配は後配であるというように、優先株式と劣後株式のそれぞれの性質が組み合わさったものもあり、これは混合株式と呼ばれます。

このような、“異なる種類の株式”は「種類株式」として、会社法第108条の規定により発行が許可されているものです。

種類株式には、劣後株式、優先株式、混合株式の他に、発行企業が利益で買戻し償還することになっている「償還株式」、普通株式から優先株式へ転換できる「転換株式」、株主総会で議決権を行使できない「無議決権株式」などの種類があります。

これら種類株式には、出資者のニーズに対応することで企業の資金調達をしやすくする目的があります。

劣後株式は、投資として考えた場合には利点の少ない株式ですが、既存株主の利益や将来の普通株式発行をなるべく妨げずに増資したい場合や、政府が特殊法人や公共事業会社の株式を取得する際に用いられる傾向にあります。

また、イギリスでは主に発起人に対して発行されることから、発起人株式や経営者株式と呼ばれて浸透しています。しかしながら、日本においては劣後株式を発行している企業はごく一部です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.