資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

TOB(ティーオービー)

TOBとは、経営権の取得や企業買収を目的に、公開買付方式によって市場外で株式の必要量を入手する方法のことをいいます。

日本語では「株式公開買付け制度」と訳されます。

TOBは、イギリスでTake over Bid(テイク・オーバー・ビッド)と呼ばれている制度の略称です。アメリカではTender offer(テンダー・オファ)となります。ちなみに、海外ではTOBという略称を用いることはあまり多くないようです。

TOBは、1950年代のイギリスや、1960年代のアメリカで広まった制度です。日本では1971年(昭和46年)に公開買付方式による企業買収が行われるようになりました。

TOBでは、買付期間、買付数量、買付価格等を予め新聞広告等で公開呈示し、こうした公告により不特定多数の株主に呼びかけ、株式の買い付けが行われます。大量の株式を短期間で集めることが出来るのが特徴です。

株式公開買付けが、対象企業の取締役会の賛同を得て行われる場合には、友好的TOBと呼ばれます。これに対して、対象企業の賛同を得ていないものが敵対的TOBとなります。

友好的TOBにおいては、対象企業は買付けを受け入れることを勧告し、買収後も旧経営陣が経営に留まるケースが多く見られます。逆に敵対的TOBでは、適正な買付け価格ではないなどの理由で、対象企業がその株主に対して買付けに応じないように勧告するなど、買収対抗策を講じることになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.