資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは、機関投資家における運用担当者のことです。

運用の具体的な意思決定を行い、アナリストやエコノミスト、ポートフォリオマネージャーやトレーダーなど他の専門家を取りまとめる司令塔的な役割も担っています。

不特定多数の人や企業から資金を預かり、株式や債券などに投資・運用することを業務とする法人を機関投資家と呼びます。具体的には投資顧問会社・生命保険会社・損害保険会社・信託銀行・投資信託会社・年金信託などが機関投資家に該当します。

ファンドマネージャーは、こうした企業内で資産運用を担当し、ファンドにどの銘柄を組み入れるか、どの銘柄をどのタイミングで、いくらで売るか、買うかなどを決定します。

そのため、ファンドマネージャーの判断の巧拙が運用成果を左右することもあります。こうしたことから、優秀なファンドマネージャーを確保するために年棒制を導入している投資信託会社もあります。

ファンドマネージャーは、経済環境のあらゆる分析や、株式市況、投資企業の財務分析など様々な情報を駆使して企業の将来性を予測することで、リスクを回避し投資収益を最大にすることに努めます。

情報を収集する能力とネットワーク、知識や経験に基づく冷静な判断力や分析力、精神面での強さが求められる職業です。外資系の場合には語学力も重要となります。

ファンドマネージャーになるには、証券アナリストとして経験を積んだ後にファンド運用部門に入り、ファンドマネージャー・アシスタントとして経験と実績を積み上げる方法が一般的のようです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.