資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

オープン型(オープンがた)

オープン型とは、投資信託の1形態で、運用が開始された後でも購入することができ、契約後も元本の追加設定(資金の途中追加)が可能なものをいいます。

追加型投資信託、またはオープンファンドとも呼ばれています。

これに対し、購入は募集期間に限られており、途中での追加購入が出来ないものをユニット型投資信託といいます。

オープン型投資信託は、いつでも購入・売却でき、商品のバリエーションも豊富であることから、ユニット型に比べて自由度が高く、現在では国内の投資信託の主流となっています。

また、信託期間(満期)が定められていないものや、10年以上の長期であることが特徴として挙げられます。

オープン型投資信託は、日々の値動きを見ながら売買差益を得るために運用することも可能です。この点では、株の売買と似た性質を持っています。MMFがオープン型投資信託の代表的なものと言えます。

オープン型投資信託の場合、当初募集期間中は、ユニット型と同様それぞれの投資信託で決められた申込み価額で購入しますが、運用開始後の追加の購入・換金価格は、時価である基準価額となります。

また、購入時に代金とは別に買付手数料を支払う必要があります。ちなみに、ユニット型では買付手数料は購入代金に含まれている場合が殆どです。

オープン型のメリットとしては、タイミングを見計らって購入と換金が出来ることや、時間的な分散投資が容易であることなどが挙げられます。

 

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.