資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

海外ETF(かいがいイーティーエフ)

海外ETFとは、海外の取引所に上場しているETF(証券取引所で取引される投資信託)のことを指します。

2007年の金融商品取引法の施行に伴い、海外で発売されているETFを日本の証券取引所に上場することが可能になったことから、現在、日本で購入出来るETFは、国内の証券取引所に上場している「国内ETF」と、海外の取引所に上場している「海外ETF」の2種類に大別することが出来ます。

但し、国内ETFは国内の個別株と同じように、原則的にどの証券会社でも購入することが出来ますが、海外ETFは取り扱っている証券会社が限られており、その種類や数も証券会社によって異なります。

海外ETFの取り扱い数の多い国内証券会社としては、楽天証券、マネックス証券、SBI証券、オリックス証券(香港上場銘柄)などがあります。

海外ETFには、欧米などの先進国における代表的な株価指数を連動対象とするものから、ブラジル、ロシア、インド、中国などの新興国の株価指数を連動対象とするもの、商品価格指数を連動対象とするものなど、幅広い種類があり、選択肢が豊富です。

海外ETFの取引は、米ドルや香港ドルなどの外貨建てで行われます。

そのため、為替手数料が発生することになります。このような為替変動リスクの他にも、起こりうるリスクとしては、価格変動リスク、その国の政治・経済・社会情勢の変動によるカントリーリスク、基準価額との乖離リスクなどが挙げられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.