資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

配当控除(はいとうこうじょ)

配当控除とは、株式等の配当による所得に対し、税額控除を受けることが出来る制度のことをいいます。

配当所得に対する税金は源泉徴収されますが、確定申告を行うことによって、その一定額が控除されます。

これは、配当金には既に法人税が課税されており、その配当金を受け取った株主に対してさらに所得税や住民税が課税されることは二重課税となるためです。こうしたことから、配当控除とは配当金にかかる二重課税を調整する制度と考えることが出来ます。

配当控除を受けることが出来る配当所得としては、内国法人(日本国内に本店のある法人)から受ける剰余金の配当、中間配当による金銭の分配、 特定株式投資信託の収益の分配などが挙げられます。

外国法人から受ける配当、基金利息、確定申告不要制度を選択したもの、公社債投資信託の収益の分配などについては配当控除の対象外となります。

配当控除の額は、配当所得に控除率を乗ずることで算出されます。

控除率は課税総所得金額により決定されます。配当の種類によっても異なりますが、一般的には課税総所得金額等のうち1,000万円以下の部分の配当所得に対して控除率10%、1,000万円を超えた分の配当所得に対して 5%の控除率となっています。

尚、配当控除を受ける事が出来るのは、総合課税として確定申告した場合となります。分離課税を選択している場合や、確定申告せずに課税手続きを完了させた場合には配当控除の適用はありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.