資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

政策金利(せいさくきんり)

政策金利とは、中央銀行(日本では日本銀行)が民間銀行に融資する際の金利のことで、 特に金融市場の調節機能を有している金利のことを指します。

1994年9月までは、中央銀行の金融政策によって決められる公定歩合が政策金利の役割を果たしてきました。

公定歩合は日本銀行が民間銀行へ貸付を行う際に適用される基準金利であり、日本の民間銀行の金利は公定歩合と連動するように規制が図られていたのです。

そのため、景気が良い場合には公定歩合を高く設定し、景気が悪い場合には逆に低く設定するというように公定歩合を操作することで日本の市中金利を変動させ、通貨の流通を調節してきました。

しかし、1994年10月の民間銀行の金利完全自由化以降、公定歩合を利用しての民間銀行の金利操作は出来なくなりました。この時点で公定歩合は政策金利ではなくなったと言うことが出来ます。

現在では、中央銀行が金融政策の狙いを示すために設定する短期金利として、無担保コールレート翌日物の誘導目標金利(O/N Call Rate Target)が日本における政策金利となっています。

尚、無担保コールレート翌日物とは、コール市場(銀行その他の金融機関相互間で貸借される1年以下の短期資金の取引が行われる市場)において、約定した翌日に返済を行う際の金利のことをいいます。

政策金利である無担保コールレート翌日物の変動は、預金、貸出金利、長期金利などに影響を及ぼすこととなります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.