資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

短観(たんかん)

短観とは、日本経済の景気動向に関する統計調査です。

日本銀行が3ヵ月毎に実施・公表しています。正式名称は「全国企業短期経済観測調査」、若しくは「「主要企業短期経済観測調査」であり、“短観”や“日銀短観”はその略称となります。

短観は、毎年、3・6・9・12月に全国約1万社の企業を対象に調査が実施され、その結果は経済観測としてまとめられて調査の翌月に速報として公表されます。

内容としては、各企業の経営者に業況感を問う企業アンケートを元に、企業が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどう見ているか、売上高や収益、設備投資額等の事業計画の実績及び予測値などが示されます。

短観のアンケートは調査票の郵送によって実施されています。対象企業は規模別や業種別に集計されます。

アンケート項目は、計数項目と判断項目に大別することが出来ます。計数項目では、生産、売上、設備投資などの実績値や計画値に関する調査が行われ、判断項目では、業績、仕入れ価格、資金繰り等に関する企業の判断や評価をリサーチしています。

短観は、サンプル数の豊富さと回収率の高さ、調査時点から発表までのタイムラグが小さいことから、景気動向を占う上で重要な経済指標として信頼されており、日本国内の経済統計で最も注目される指標のひとつと言えます。

また、株式市場など金融市場に対しても影響力が高いことから、海外からも“TANKAN”の名称で広く知られている指標です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.