資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

円安・円高(えんやす・えんだか)

円安・円高とは、米ドル、ユーロ、英ポンド等、世界のそれぞれの国の通貨に対して円の価値が高い、或いは低いことを表わしたものです。

例えば、“1ドル=100円”と“1ドル=120円”を比べた場合、同じ1ドルを得るために100円必要であるのと、120円必要となるのとでは、1ドルをより少ない円で交換出来た方が円の価値が高いと言えます。ですから、“1ドル=100円”と“1ドル=120円”では、“1ドル=100円”の方が円高であると言うことが出来ます。

円安・円高といった動きは為替相場と呼ばれます。変動相場制において、為替相場は様々な要素によって複合的に変動します。

円安となる一般的な要因としては、原油価格の上昇や、海外の企業を買収したり海外に工場を作る、または機関投資家による海外投資などの資本取引が挙げられます。

円安になると、輸出企業は収益が増えますが、円安が進むと輸入品の価格が上昇し、これにつられる形で国内生産の商品も価格が上昇するなどのデメリットもあります。

また、円高となる要因としては、日本からの自動車や電化製品その他の輸出の増加や、海外からの投資などが挙げられます。

円高になると、輸入品は仕入れ値が安くなりますし、原油の仕入れ値も安くなります。海外旅行などは円高のメリットを直に感じることが出来るケースです。しかしながら、輸出企業としては円高によって収益は目減りすることになります。

こうしたことから、円高から円安にかけて株価は下落し、円安から円高にかけて株価は上昇する傾向が見られます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.