資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

TTS(ティーティーエス)

TTSとは、銀行が顧客に対して外貨を売る時に適用される為替レートのことです。

例えば、海外旅行へ出かける際などにトラベラーズチェックによって円を外貨に交換する時に用いられている為替レートがこのTTSとなります。

TTSはTelegraphic Transfer Selling rateの略称で、「対顧客電信売相場」とも呼ばれています。これは、銀行側から見て、顧客に外国通貨を売ることになるので「売相場」となります。

TTSは、外国為替市場で取引されている為替相場の仲値を基準にして決定されます。仲値とは、TTM (Telegraphic Transfer Middle rate)とも呼ばれ、銀行が毎営業日の朝9:55頃の為替レート(インターバンクレートの実勢レート)を参考に決定されるものです。ちなみに、その日のうちに為替レートが1円以上変動すれば仲値の決め直しが行われます。

例えば、米ドルの場合、仲値( TTM )に1円上乗せしたレートをTTSとしている銀行が殆どです。これは通貨によって異なり、他の通貨では仲値より1円以上高くなります。この上乗せされた分(TTSと TTMの差額)が為替取引の仲介手数料となっています。

尚、TTSは外貨預金やトラベラーズチェック、外貨の送金で円を外貨に交換する際のレートであり、外貨が現金の場合には為替レートはもっと不利になります。これは、銀行で紙幣を保管するコストがかかるためです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.