資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

SWIFT(スイフト、スウィフト)

SWIFTとは、国際金融機関の通信業務を遂行するために1973年に設立された非営利法人です。

会員である世界各国の銀行やその他の金融機関の間の通信を取り扱うネットワークを運営しています。

正式名称は「Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication 」、日本語では「国際銀行間通信協会」と訳されます。

SWIFTは、金融系の通信フォーマットの共通化、データ処理システムの共有、世界的なコミュニケーションネットワークの設立を目的としており、1975年までに基本的な運用の仕組みを確立し、1977年から通信を開始しました。

これにより、テレックスや電報によって行われる金融機関の間の通信に比べ、速い処理を行うネットワークが実現することとなりました。

SWIFTは本部をベルギーのラ・ユルプに置き、2005年には202の国と地域の7,800を超える金融機関が会員となっています。そのため、SWIFTのオフィスは構成員である金融機関がある各国に置かれています。

SWIFTは海外送金をより確実にするために、世界の銀行を特定する金融機関識別コードを定めており、これはBICコード若しくはSWIFTコードと呼ばれています。

SWIFTコードは、8桁または11桁の文字列で構成されています。金融機関コード(4桁)+ISO国名略号(2桁)+所在地コード(2桁)による計8桁、これに任意付与で支店コード(3桁)が付いた場合には11桁となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.