資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

モーゲージ

モーゲージとは、抵当権を意味し、土地や建物を購入する目的で借り入れされたお金(ローン)の返済を保証するために差し入れられた不動産担保のことをいいます。

抵当権を設定することが出来るのは、登記・登録制度がある物や権利だけであることから、不動産がその典型的なものとなっています。

不動産以外のものとしては、鉱業権、漁業権、立木(立木法)、船舶(商法848条)、自動車、農業動産、航空機、建設機械、工場(工場抵当)、財団抵当などがあります。

尚、高齢化に伴い、近年徐々に関心が高まっているものに、「リバースモーゲージ」があります。

これは1960年代に米国で開始され、日本でも一部の金融機関などで実施している高齢者向けの在宅福祉制度です。リバースモーゲージでは、居住用不動産を所有している高齢者に対し、その自宅を担保に生活・介護資金を毎月一定額貸し付け、死後に担保の売却処分等により一括で清算・回収します。

この制度を利用すれば、高齢者はお金を用立てるために自宅を売却し引っ越しをする必要無く、そのまま自宅で生活を送りながら生活・介護資金を得ることが可能となります。

また、不動産担保融資の債権を裏付けとして発行された証券については、モーゲージ証券(MBS)と呼ばれ、米国では政府系機関であるジニーメイ(連邦政府抵当金庫)、ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)、フレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)などにより発行されて、国債と並ぶ市場を形成しています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.