資産運用

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ペイオフ

ペイオフとは、金融機関が破綻した場合に、預金者に対して一定額の払い戻しを保証する制度のことをいいます。

ちなみに現制度では、1,000万円までがペイオフの範囲となっています。

ペイオフでは、1つの金融機関に…

»詳細を見る

預金保険制度(よきんほけんせいど)

預金保険制度とは、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関が、万が一破綻した場合に備えて預金保険機構に積立てをし、これにより破綻時にも預金者への預金払い戻しを確保するという仕組みのことです。

預金保険…

»詳細を見る

投資者保護基金(とうししゃほごききん)

投資者保護基金とは、証券会社が経営破綻した際に、顧客への払い戻しに支障を来すことを回避するための基金です。

国内で証券業を営む証券会社は、この投資者保護基金に加入しなければならないことが金融商品取引…

»詳細を見る

エンジェル税制(エンジェルぜいせい)

エンジェル税制とは、ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して、税制上の優遇措置を行う「ベンチャー企業投資促進税制」のことです。

エンジェル税制は、ベンチャー企業への投資を促進することにより、創…

»詳細を見る

コンプライアンス

コンプライアンスとは、企業が経営を行う上で、企業活動を取り巻く法律・規則を遵守し、これに違反しないという概念のことです。

また、法令に限らず、社会的規範や企業倫理にまで範囲を広げて捉える考え方も、近…

»詳細を見る

セーフティネット

セーフティネットとは、社会全体としてリスクに備える防護策や救済策のことです。

セーフティネットは、本来、サーカスの空中ブランコや綱渡りの時、万が一の落下に備えて張られる転落防止用のネット(安全網)の…

»詳細を見る

金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう)

金融商品取引法とは、金融商品取引所の適切な運営と、有価証券の発行・売買その他の取引について規定した法律です。旧名称は「証券取引法」になります。

2006年6月に「証券取引法等の一部を改正する法律」が成立したこ…

»詳細を見る

商法(しょうほう)

商法とは、商人及び商行為に関する規制を定めた法律です。

商法は、民法に対する特別法として位置付けられます。企業関係分野は幅広く、一般法である民法の規定では処理しきれないことから、これを補う特別法とし…

»詳細を見る

証券取引法(しょうけんとりひきほう)

証券取引法とは、株や公社債などの有価証券の発行及び売買取引について定めた法律です。

証券取引は専門性が高く、発行者や証券会社が投資家よりも有利な立場になりやすいことから、公正且つ透明性の高い証券市場…

»詳細を見る

証券取引等監視委員会(しょうけんとりひきとうかんしいいんかい)

証券取引等監視委員会とは、証券取引や金融先物取引等の公正を確保するために不正を監視する機関のことです。

英文名称であるSecurities and Exchange Surveillance Commissionを略して、SESCと呼ばれることもあります。

1991年(平成3年)に起きた一連の証券・金融…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.